心の支え・・

田牧大和さんの時代物の小説を読むと

なぜかいつも、心がほっこりしてしまいます。

 

今回読んだ本の・・

 

主人公の誠之助(せいのすけ)は・・

医師 小野寺宗俊(おのでら そうしゅん)に呼ばれて

今度こそ「解体新書」を読んでも良いという

お許しいただけるのかと・・

胸躍らせながら宗俊の自室に向かっていた。

 

しかし・・・

 

そんな誠之助にむかって宗俊は・・

「しばらくの間、薬種問屋の藤屋に行って・・

         薬草園を手伝ってきてほしい」

言い渡した・・。

半年前 弟子として同室となった

久吾(きゅうご)という一歳年下の弟子が

やたらと誠之助と張り合い・・

誠之助が考え出した治療や調剤の工夫を

要領よく横取りし自分の手柄として

宗俊に披露するので・・

誠之助の不満が高まってきていた時に

言われた言葉であった・・。

宗俊に見放され行き場を失ったような気持ちになった

誠之助は、怒りと悔しさで自分を見失ったまま

藤屋へと出向いたのだった・・。

 

〜・・・・・・・・・・・・〜

 

自分のことを認めてもらえなかったり・・

自分の努力で得た事をあっさり横取りされて

自分ではない者が認められたり・・

現代でもあり得る事ではあるのですが・・

時代物の小説の中では・・

身分の差 暮らしぶりの豊かさの違いなどから・・

それがさらに色濃いものであるように思います。

 

恋をして人を好きになっても

一筋縄ではいかない時代・・

無情に殺されても泣き寝入りしるしかない時代・・

なにもかもが 理不尽な時代・・

 

でも、この時代を舞台にした小説を読んでいると

不思議と気持ちが前向きになってくるのはなぜだろうと思います。

きっと人々が生きることを諦めていないからなのではないかと思います。

明日こそは、きっといいこともあると思いながら・・

周りの義理人情に支えられながら生きているのが・・

伝わってくるからなのかもしれません・・。

 

自分が落ち込んでいる時は・・

ほんとうの人の暖かさもいたわりも

感じ取るだけの心の余裕がないので

親切や優しさも受け止められませんが

落ち込んだときこそ・・

自分を客観的に見れる冷静さを

持つべきなのだと思います。

 

心配して見守ってくれている人が

必ずいる事を忘れてはいけないのだと思います。

誠之助の心が解き放たれたように

自分を見ていてくれる人の存在は大切なのだと感じました。

 

 

 

 

評価:
田牧 大和
講談社
---
(2011-01-28)


田中哲司さん・・

私・・・たぶんデビュー当時からファンなんです。

 

そう仲間由紀恵さんの旦那さんです。

 

最初は名前もわからなくて

でも、あの容姿と俳優さんとしての

演技のうまさでとてもいいなぁ〜と

思っていたのです。

 

でも、名前を知ったのは最近です(#・・#)

 

仲間由紀恵さんと結婚してから

あまりTVに出ないなぁ〜と思っていたところ

今回は、「緊急取調室」と「CRISIS」に

レギュラーで出演されているので・・

うれしくて毎回必ず見ています・・。

 

最近・・ちょっと太ったのかな?

がっしりしてる気がする・・。

主役ではないけれど・・

必ず主役の近くにいて

存在感のある演技をする俳優さんなので

見ていて面白いしかっこいいなぁ〜と思います。

 

田中さんの出るドラマは

意外とはずれなしのものが多い気がします・・。

 

これからも出演している番組は

絶対見ると思います・・。

楽しみにしています。

 

 

 

 

評価:
---
TCエンタテインメント
¥ 15,871
(2014-08-08)


何が起こるか・・・

先週の今頃は・・・

 

マッキーのライブ真っ最中・・

 

たった一週間しかたっていないのに・・

毎回書くけど・・10年も前の事のよう・・

 

ほんとうは、夢の中の出来事だったのでしょうか・・

 

世の中は、連休に向かいますが・・

私は、相変わらず連休に関係なく仕事です。

連休とかお盆とか年末年始とか

とにかくそういう休みが続くと

かえって仕事が忙しくなるので

連休にはいつもうんざりな生活をしています。

 

何事もなく6月の仙台まで

静穏に過ごせるかと思っていたら

なんと5月20日付で(20〆のシフトなので)

同じ担当部所の人が2人も辞めることになりました。

ひとりは、60過ぎのベテランの方で

もうひとりは、他の担当部所から移動してきたばかりの

同い年の人でしたが・・

今までの担当の仕事よりも

体力的に辛くてもたないということで

辞めるそうです・・。

この仕事に移って今までどれだけ

自分が楽な仕事をして来たのか・・

わかったと言っていました。

そう・・結構激務なんですよね・・

私の仕事・・

荷物は重いし、仕事量も多いし・・

なので4人でシフトを回しながら

仕事をしていたのですが・・

5月20日から・・同じ量の仕事を

ふたりでやることになりそうです。

 

仙台も秋田も、マッキーのライブは

火曜日という曜日があるんですけど・・

一週間のうちでじつは一番忙しい日なんです。

4人体制だったからなんとか大丈夫だろうと

お願いして休みをもらうつもりだったのですが

とても厳しい状況です。

でも、仙台は月曜〜火曜のライブなので

火曜日の朝の仕事は到底無理・・

秋田の時の火曜は仕事をしてから

急いで向かう事になりそうです・・。

人生・・何が起きるか わからないね〜・・。

今のうちから・・

「その日休まないと行けないんですよ〜。」と

どうしても出勤が無理な火曜日に向けて

お休みの交渉の刷り込みを開始しています。

 

私が休めば残った人が大変になるのは

充分理解出来るのですが・・

もう心を鬼にして・・休みます・・。

 

マッキーの所に行けるのだって

私にとっては限られた時間だと思うから・・

 

体調管理とまた一生のお願いを神様にして

無事参加できるように 日々を過ごしたいです。

 

 

 

 

 


不器用な・・・

桐谷 俊(きりや しゅん)

東大出のエリート・・。

母親の息子を官僚にしたいという

期待を裏切り

本が好きという理由で

大手出版社に就職した。

母親は、その時卒倒寸前で

実際寝込んでしまった。

そしてまたまた・・・

現在社長の戸部が

会社を作った時・・

大手出版社を辞めて

戸部と共に出版社を作った。

就職に際して2度も母親の期待に添えなかったので

それ以外は母親に逆らわないようにして生きてきた。

 

その日は・・・

 

昭和後半に演歌で一躍有名になった

大物演歌の歌姫のインタビューの日で

戸部とふたりで取材に出かけたのだが・・

演歌歌手の機嫌を損ね激怒させてしまった。

インタビュー失敗でしょげるふたりだったが

とりあえずお腹もすいたことだしと

弁当を買う事にした・・。

すると、お昼の1時を回っているのというのに
すごい行列のお弁当屋を発見した。

こんなに行列ができるのだから

旨いのだろうと並んでいると・・

「クビだ〜!」という声が聞こえてきた。

怒られていたのは、売り子の女性だった。

なんでも客は、その娘さんから

話を聞いて欲しいから弁当をついでに買いに来るという。

だから弁当を買うのに30分も1時間も

自分の事を話して帰って行くので

効率か悪くて困るのだという・・。

だからクビにするという店主の声を聞いて

社長の戸部は 菊子をインタビュアーとして

雇いたいと菊子に告げる・・。

菊子の顔をみるとなにもかも

話をしたくてしょうがなくなるという

特殊な能力を活用しようと思ったのだった・・。

 

そして・・・菊子は戸部の会社に勤めることになった。

 

~・・・・・・・・・・・・~

 

大山淳子さんの本に登場する人物は

人と接することが思うようにいかなかったりなど・・

生きることに不器用な人物が多いように思います。

私も、本を読むようになった切っ掛けは、

瞬間的にうまい会話が苦手なので

場違いな会話をしてしまったり

嫌な思いをしても言い返せなかったりするので

言葉がうまく使えたらいいなぁ〜と思ったことなのです。

だから、大山さんの本の中の

不器用な生き方の登場人物と自分をリンクして読んでしまいます。

 

器用に生きられたらどんなにか楽でしょう。

言葉のキャッチボールがうまく出来たら

きっと周りに不快な思いもさせないのでしょう・・

本の中の自分と似たひとたちに

エールを送りながら、自分も生き方を

模索したいと思います。

 

 

 

 


咲いた〜

新潟から遅れること一週間・・

 

山形の桜も満開になりました・・。

 

一週間しかたっていないのに

もうマッキーのライブで

新潟に行ったのは10年も前の

出来事のよう・・・

夢の時間だっただけに・・

現実感がないからなのでしょうか・・。

 

ほんと今回は不思議な感情です。

 

前回までのマッキーライブの終了時は

もう逢いたくて逢いたくて・・

また来年あるといいなぁ〜とか

寂しくてそこからのライブ情報とか

見たくなかった・・。

でも、気がつけば・・

いろんな情報を検索しまくっていました。

 

そんなだったから・・

 

なぜ心が落ち着いていられるのか

なぞ・・なのです。

 

たぶん無事に参加できるというのが

いつも奇跡だと思っているので

それをクリア出来たことが

奇跡体験なので・・

満足してしまうのかもしれません。

 

桜も咲いたと思うと

すぐ散ってしまうように

楽しい時間は儚いもの・・

 

だからこそ名残惜しさが

あるのだと思います。

 

 


出会い・・

大倉 多聞(おおくら たもん)は

今日も営業成績が伸び悩み・・

上司による圧迫面接に臨んでいた・・。

 

毎月の圧迫面接に精神的に追い詰められ

ついに・・

「俺は この会社に必要のない人材です」と

口走り会社を辞めてしまった・・。

 

そして・・

 

実家に戻って来た多聞が

ボォ~っと夜の窓の外を見ていると

塀の上を歩く忍者が近づいてきて

「会いたかったわ」と多聞に触れたのだ・・。

あまりの驚きに気を失った多聞は

目覚めてから・・

精神的に支障をきたして幻覚を見たのだと思い

近くのかかりつけの心療内科に向かった・・。

 

しかし・・・

 

心療内科の老医師に軽くいなされ

納得のいかないままに帰宅した多聞は

さらに驚く実家の秘密を知ることになる・・。

 

仁木英之さんの本は・・・

スピード感と予想外のストリー展開があって

ついつい引き込まれてしまう面白さがあると思います。

 

大好きだった「くるすの残光」シリーズが

完結したばかりだったので

さびしく思っていたのですが・・

心配することなく、次々と面白い作品を

出されるので うれしく思っています。

 

本の中の非日常の世界・・と

マッキーのライブの時の夢の世界と

現実ではない時間を過ごすことが出来るから

日々の淡々とした日常も

楽しく暮らして行けるのではないかと思います。

 

自分のことを ありのままに受け入れられる

ようになったのも・・

本を読むようになってから・・

前向きに考えられるようになったのは・・

マッキーのファンになってから・・

 

マッキーがあの時・・・

 

あの髪型をしていなければ・・

今の私は 存在していなかったと思います・・。

 

評価:
仁木 英之
KADOKAWA
¥ 1,404
(2017-02-25)


はずれなし・・

この本は、中山七里さんの

御子柴礼司(みこしば れいじ)シリーズ第一作目の

「贖罪の奏鳴曲-ソナタ-」の続編です・・

 

少年時代に少女を殺し

遺体をバラバラにして

遺体を町の目立つところに晒し

<死体配達人>の称号で世間を騒がせ

逮捕され医療少年院に収監され

刑に服したのち・・

名前を変えて弁護士になったという

異色の経歴をもつ男

御子柴礼司・・・。

 

高額の報酬でしか動かない弁護士

その手腕は鋭く 負けなしの凄腕弁護士

 

だがなぜか・・・

今回は、無職の旦那の横暴に耐えかねた

主婦が思い余って旦那を刺殺した・・という

到底金にならないような事案の弁護人を

無理やり担当弁護士から引き継いだ・・。

 

主婦の自供もあり有罪判決が

ほぼ決まっているような事案であるのに

なぜ、御子柴は 弁護人を交代させてまで

引き受けたいのか・・・。

 

誰もが疑問を持つなか・・

 

裁判は 始まった・・・。

 

中山 七里さんは 凄いハイペースで

本を書かれるので・・・

(これは あくまでも私の感じ方です)

これは、ちょっと…と思う内容の本もあるのですが

この御子柴礼司シリーズは・・

はずれなしにおもしろいと思います。

人物の設定自体ありえない話ではあるのですが

展開の意外さについ読み続けてしまうという

中山七里さんの本のおもしろさ

実感してしまうシリーズだと思うのです。

第四弾も出るようなので・・

さらに楽しみなシリーズとなりました。

 

ちなみに・・このシリーズの第三弾は

「恩讐の鎮魂歌-レクイエム-」です。

 

 

 


そして・・現実〜

やはり夢の時間は・・短い

 

帰ってそうそう・・

溜まった洗濯ものをやっつけています・・。

 

主婦が留守にするって

こういう事・・・という現実

 

もちろん母親がいるので

ある程度はやってもらっているし

おかずも作り置きして行ったので

なんとかなったようなのですが・・

 

今回は・・・

 

なんとか家族にお願いして

新潟と仙台と秋田に行かせて

もらいますが・・

母親も、もう81歳・・

私だって・・あと7年すれば

60歳・・

マッキーの所に行きたくとも

行けない時期が・・・

きっと来る~♪きっと来る~♪

(貞子風・・)

だから今回のツアーは特別です。

 

そして・・なんと・・・

 

参加ツアー最後を飾る秋田は

右側ぎみながら最前列・・・

だからなんとかこの日だけは・・

どっから来たの〜に時間に

「やまがた〜」叫びたい・・・

 

こんな機会はもう絶対来ないと思うので

 

清水の舞台から飛び降りる覚悟で

叫びたいと思っています。

 

でも、ここでこの声が届かなければ

もう落胆してライブに集中出来ないかも・・

 

マッキーのファンになって

早9年・・・・

まだまだひよっこですが

この9年間は、今まで生きてきた中でも

夢のある9年間でした・・。

絶対私には出来ないと思っていた

槇友さんとも(そう呼んでいいのかなぁ〜)

出逢えて・・

毎年毎年良い事が増えてきました。

どちらかといえば・・

インドア派で出歩かない私が

マッキーのツアーの遠征に出かけるなんて

嘘のような信じられない感じです。

 

普通、マッキーのライブに行った後は

喪失感が半端なくて・・

始めて参戦した時は・・

泊まらないで夜道を帰って来たのですが

ボ~としていたせいか・・・

ナビを無視して道に迷い・・

ナビが”再検索します・・”と

何度も繰り返している声で

ハッと我に返り・・・

しかし自分がどこを運転しているのか

夜の暗闇で見当もつかず・・

結局ナビの誘導を信じて

なんとか帰宅するという

失態をおかしたこともあったのですが

今回は、心が意外に落ち着いていて

安堵感というか・・・

あの新潟のマッキーとともに

あの場所に居れたという満足感というか

なんとなく心が満たされています。

 

槇友さんたちの暖かさに包まれたという

初めての事もあったからだと思うのですが

ほんとうに落ち着いています。

 

ふしぎな感覚です・・。

 

今までは、ため息とまた逢いたいという

焦りしか残らなかったので・・・

 

マッキーにあんなに愛される新潟・・

羨ましいです。

 

あの場所に一緒に居れたこと

あの時間を共有出来たこと・・

 

神様・・願いを叶えてくれて

ありがとうございます・・。

 

明日から・・また精一杯生きてみます。

 

 


夢のよう〜

さっきまで 新潟にいたのに・・

もう現実の世界に帰ってきてしまいました・・。

 

マッキーのツアー・・

新潟2DAYs・・北陸は

このツアーFINALなのだとか・・・。

 

もともと新潟大好きマッキーのようで

もう名残惜しさ満載の凄い盛り上がりの

夢のような2日間でした。

 

3年越しの夢が叶って

今回新潟に参戦できたのですが

 

なんか・・ライブまでの余裕のある時間に

うろうろしても・・

 

マッキーには逢えないのですが・・

哲平さん遭遇率の高い私で・・

今回も例外なく会場周辺をウロウロする

哲平さんを発見・・

”哲平さんだぁ〜”とジ〜と見つめてしまいました。

(声は もちろん掛けませんけど・・)

 

新潟は 自宅から4時間弱・・

峠越えなので、コンビニから

コンビニが遠くて遠くて・・

2時間くらい運転し続けると

さすがに休みたい気持ちになって・・

でも2時間で1店舗進行方向に

あるかないかなので

コンビニが見えた時の

うれしいことうれしいこと・・

さらに新潟に近づくにつれて

高速(この道路がなんと普段から無料なのだから凄い)の片道3車線で

普段走り慣れない交通量なので

なるべく左を走るようにしていたら

合流してくる車や・・

左側が別路線にしか行けなくなるための

車線先行やら、もうアタフタしながら

なんとか新潟に到着しました。

・・・で、思ったのが・・

”これって帰る時には 本線に私、合流するよね〜”

ということ・・。

そして今日・・・もうドキドキしながら

なんとか桜木ICから本線に合流・・

”お・・合流出来た〜”と安心したのもつかの間

渋滞を避けようとAM7:00に出発したのに

まんまと大渋滞に巻き込まれ・・

その時ナビは なんとか渋滞を回避しよう努力してくれたらしく

必死に無言でリルートを繰り返し検索していたのでしょう・・

しかし高速上なのでリルートできるはずもなく

なんとナビがパニックったようで

地図上の道路から外れた田んぼの中で

停止して無言に・・・・

私としては高速に乗りさえすれば

一本道なので気にせずにいたら

20kmくらい進んだ

新潟競馬場付近の反対車線で

事故だったらしく、

こっちの路線は関係ないはずなのに

事故処理の隣りを通ったとたんに

なぜか急に渋滞が解消して

そしてナビも何事もなかったように

「しばらく道なりです・・。」とナビ開始

この大渋滞の原因がわからないままに

通常ナビで無事帰宅出来ました。

 

行く途中こそ雨でしたが

着いた夕方と2日目・・

帰りの朝と快晴だったので良かったです。

 

桜も満開できれいでした・・。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今週か〜

いよいよ、マッキーのライブ

新潟参戦が今週末に迫りました。

 

お天気は・・・

 

山形、新潟ともに曇りの予報ですが

気温は 18〜19℃と高いようです。

 

旅慣れしていない私は・・

急に天候の変化があったりしたらと

不安なためどうも荷物が多くなって

この量って何日分なのだろうと思います。

 

持っていって着ないで

持ち帰るパターンもあって・・

だから今回は・・

なるべく少な目に持って行こうと

努力しています。

 

新潟の桜もたぶん丁度良い時期かもと思うので

楽しみにしています。

 

グッズ販売が2時間半前からということは

ホテルについて、ホッとするまもなく

会場に行かないと間に合わないかも・・

 

品切れすることはないと思うけれど

なんか早く手に入れたい・・

前回のツアーのタオルを利用して

車の運転席の背もたれカバーを

補強しました・・。

タオルとして使うのは躊躇するので

グリーンのタータンチェックで

前に作ったのがくたびれてきていたので

布を足してさらにツアーのこげ茶のタオルを

アクセントに使用しました。

 

だから今回もタオルは購入したいです。

 

こんなに自分のためのお金を使っていいのだろうか・・

迷いながらも 今、出来る時だけ・・と

言い訳を唱えながら・・

購入しようと思います。

 

いつの日か・・・

 

こんな行動を懐かしく思うのでしょうか・・

どうか・・無事に楽しく参加できますように・・

 

評価:
槇原 敬之
SMM itaku (music)
¥ 2,870
(2016-12-14)


<< | 2/165PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode