あんじゅう・・・・

 図書館から 予約で借りてきた・・・

宮部みゆきさんの”あんじゅう”・・・・

は "おそろし”の続編でした・・・
主人公の”おちか”さんは・・・
祝言まじかな時に・・・許婚を
自分の目の前で・・・
しかも 身内同然にして暮らしてきた
男の子に殴り殺され・・その子も
自殺してしまうという不幸に見舞われて
心に深い傷をおって江戸の叔父のところに
やってきた女性で・・・・

ある事がきっかけで・・・・

周りにいる人々の心に抱えこんだ不幸の
変わり百物語を聞くことになり・・・
聞いていくうちに だんだんと・・・
自分も周りも人も救われていくという物語

なんで自分だけこんなに不幸なんだろうと
人間誰しも 思いがちなのですが・・・

それは・・・・ちょっと違っていて

人は、それぞれ不幸と思う悩みを
抱え込んで入るもので
自分だけでなく みんな同じように
自分だけがなんでと 
悩み苦しんでいる事があるということ

不幸だ 不幸だ・・・と

自分の中に閉じこもっているうちは
けして幸せにはなれないと言う事・・・

不幸だと思うときこそ・・・

下を向かずに顔をあげて
何も考えずに 周りの人の為に
尽くす努力が 必要なんだと 思います・・

評価:
宮部 みゆき
角川グループパブリッシング
¥ 1,785
(2008-07-30)


スポンサーサイト

  • 2020.03.27 Friday
  • -
  • 07:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode