年明け最初・・

 2014年 年明け最初に
読み終わった本は・・・

窪 美澄さんの”アニバーサリー”

という本です。
窪美澄さんは、昨年読んだ
”晴天の迷いクジラ”という本が
出会いでした。
母と娘の関係を深く考えさせられる
作品でしたが、今回の・・・

”アニバーサリー”

もやはり母と娘の関わり合いを
考えさせられる作品でした。
私自身、よい母親ではないと
常々思う事が多々あって
娘たちには 苦労を掛けたのではないかと
反省の気持ちの方が多いのです。

母親も自分の事をやりながら
娘や家族を考えた時
至らないことが多くなってしまうのだと思うけれど
やはり、親として見ている娘たちから見れば
なんで、こうなの?と不満が募ってしまうのでしょう。

私はいい母親ではありませんが
娘たちが 母親になった時
ひとつでも こんなことをやっていたなぁと
思い出してもらえるように
日々粛々と生きて行きたいと思っています。

窪さんの本は 考えさせられることが
多い内容の本なんだと思いました。
評価:
窪 美澄
新潮社
¥ 1,575
(2013-03-22)


スポンサーサイト

  • 2020.03.27 Friday
  • -
  • 11:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode