人として・・

万城目 学さんは 初めて読む作家さんです。
すごい分厚い本だったので・・
びっくりしましたが、
内容はとても面白く
すらすらと読めてしまいました。

時代は戦国時代・・
豊臣秀吉が亡くなり
秀吉の一人息子の秀頼の時代

伊賀の拓殖屋敷の忍びである風太郎の物語。
ある仕事をしくじり伊賀を追い出された風太郎。
なにもやる気が起きずだらだらと過ごす風太郎の前に
ひょうたんの仙人である因心居士が現れる。
そしてこの出会いが 風太郎を戦国の時の流れに
巻き込んでいくことになる。


最後は胸が締め付けられる思いでした。
もっと万城目さんの本を読みたいと思いました。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode