心の置き場所・・

この物語が ”天使の卵”の続編です・・。

一本槍 歩太に起きた悲しい出来事から10年後・・
一番大切な人春妃(はるき)を失って
生きる気力をなくした歩太・・。
そして、歩太のことが好きだった
春妃の妹で 歩太の同級生だった夏姫

お互いに心に重りを抱えながら
この10年生きてきた・・。

そんなある日 夏姫は・・・ 
高校の教師をしていた頃の教え子の
古幡 慎一と偶然再会する。
慎一は 夏姫の事がずっと好きだった。
8歳年下の男の子・・。
夏姫は 自分が姉と同じように
恋愛をしていると気づく・・。

すれ違いから謝ることも出来ず
別れてしまった大事な人・・。

やっと10年たって お互いが
前に進もうと 足を踏み出せたように思えました。

人を好きになるという事・・

大学受験に失敗した 一本槍 歩太は
予備校の入学手続きのため満員電車の中にいた
途中のホームにいた若い女のひとに
歩太の視線は釘付けになった。
白い開襟襟のブラウスに
淡い桜色のロングカーディガン
ストーンとしたスカートをはき
凛としたたたずまいで
石膏のアリアスの胸像に似た横顔が
とても清冽できれいな人だった。
満員電車に乗るか乗らないか迷っている風だった。
無意識にひとり分のスペースを確保した歩太の前に
彼女は 電車に乗り込んできた。
初対面だったが歩太は、彼女が押しつぶされないように
必死で守ろうとしていた。
そして歩太は 父親を見舞いに行った精神科で
彼女と偶然再会した。
彼女は、新しく担当になった父親の主治医だった。

まだ予備校生で一人前とは言えない歩太と
旦那が自殺してしまい痛みを抱えている女医

お互いが惹かれあいながらも
一歩踏み出せないでいた・・が

やっとお互いが幸せになろうと思った矢先・・。

悲しい結末に 愕然となった・・。
幸せを求めすぎると かえって不幸を呼んでしまうのだろうか
人生辛いことが多すぎる・・。
だた、しあわせになりたかっただけなのに・・。

 

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode