近くて遠いもの・・

家族だからって 各自の事を
全部わかっているとは限らないし
何事もなく平和なわけでもなく・・
日々小さな行き違いを抱えながら
生きていく物なのだと思う。

この物語も そうした家族と
周りの人々の日常がつづられています。
近くにいるから安らげるときもあり
一番厄介だったり・・

家族を作っていくのは
時間と忍耐と愛情と気遣いなのではないかと
何となく思う・・。

なににも縛られず
無邪気に笑っていた
保育園の頃が 一番楽しかったと思う
でもきっとその頃の私は
幼いなりの悩みを抱えていたのだろうと思うけれど

 

金平糖はお星様の形

ブエノスアイレス近郊の日系人の町で育った
日本名が佐和子と十和子・・の姉妹・・。

正式な名前は・・

カリーナとミカエラ・・。
二人の姉妹は 少女の頃から
ボーイフレンドを共有することを
ルールにしてきた。

そして・・・そんな二人が

留学先の日本で出会ったのが
誰からも好かれる笑顔の男

達哉だった・・。

姉妹二人とも彼に、好意を持つが
達哉は佐和子との交際を望み
佐和子は・・・・
初めて共有するというルールを破り
達哉と結婚して日本に残った・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・
私は ひとりっ子なので
兄弟姉妹の事は よくわからないけれど
娘たちの事を見ていると・・
仲が良くても・・
ライバルなのかなぁと思う気持ちが
少しわかる気がします。
でも ここまでの姉妹は
なかなかいないのではないかと感じます。

結局・・・・

姉である佐和子が
妹を思いやり身を引いたという事なのでしょうか
それとも 誰かの為に生き
誰かのと比べて生きることを放棄して
自分の為だけに生きる自由を見つけたのでしょうか・・。

自分の為だけに生きる事は
誰かを不幸にしてしまう事も
あるのだと思うと
ちょっと辛いなぁと思いました。

なんか・・・悲しいなぁ

 
評価:
江國 香織
小学館
¥ 1,728
(2011-09-28)


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

ニキビ跡

others

mobile

qrcode