今になってわかる事・・

隣りの家の住む老人には
左手の小指と薬指の全部がなかった。

そしていつも庭の植木の
見栄えのしない木の前にいて
どことなくぼんやりと
花芽を探しているのだった・・。

近所の大人たちからも、隣家のこの老人は
敬遠されていた。

でも大介は、自分の部屋から
いつも庭の手入れをしている老人を眺めた。

そして、誰にも気づかれないように
膨らんでくる花芽を抉り取って
捨てていた。

老人が花が咲かない事に
がっかりすればいい・・
いつものがっかりでは
留まらないく落ち込めばいいと
思ったからだ・・。

それは、大介が学校でのいじめや
両親から発せられる大介への期待の
大きさからくる叱咤激励に
嫌気がさして鬱々としていたからだった。

そんなある日・・

たった一輪六弁の白い花が咲いたのだ。
花が咲いた日、老人はどこかに出かけるために
準備を始めたように大介は感じた。
そして、両親と喧嘩をした事もあって
家出同然に老人の後を追ったのだった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何冊かぶりの素敵な乾ルカさんの作品だったと思います。
狭い世界にいると、それだけしか見えていないので
時には、違った世界に飛び出していく事も
必用なのだと感じます。
困難も嫌だなぁと思う事も
考え方や解決方法を自分で見つけ出さない限り
打開できないのかも知れません・・。

本を読むことで、私は救われる事が多い・・
もっと早く本を読む習慣があれば
悩むことも軽減されていたのかもしれません・・。

本を読もう・・と言っていた
先生たちの言葉が今になって理解できます。

あのころは・・本なんて読まなかったから




 
評価:
乾 ルカ
祥伝社
¥ 1,728
(2016-03-10)


最初の感動が・・

乾ルカさんの本を初めて読んだとき
そのストーリーの面白さに驚き
ファンになりました。

しかし・・

ここ何作かは・・
私的にはもう一声な感じが多いと
思っています。
この「ミツハの一族」も
最初はおもしろそうとワクワクして
読み始めたのですが・・
やはり最後までその感動は
持続しませんでした。

作家さんもたくさんの作品を
書くわけだから・・
当たり外れも出てくるのだと思いますけど・・

次回作に期待したいです。
評価:
乾 ルカ
東京創元社
¥ 1,836
(2015-04-27)


何も考えない時間・・・

人生に疲れた人々が、森に迷い混み
森の番人のぴょろっとした男と出会い
すごすうちに、自分がどう生きるべきかを
見つけ出す物語・・。

世の中は忙しいので
時間の流れが止まったような
森の中は、心を休める為にも
必用な場所なのかもしれません。

なんで自分だけが・・・

そう思う時は 心が
疲れている時だと 思うから・・・

 
評価:
乾 ルカ
実業之日本社
¥ 1,620
(2015-02-05)


なぜ生きる・・・

梅木優香は 高校の修学旅行で
アメリカに行くために空港にいた。
そこで、明らかに日本人ではない容姿の
洗練された物腰の美しい2人の男性と
双子の未成年の綺麗な男の子に目を奪われる。
同じ飛行機なんだと思いつつ飛行機に乗り込んだ
優香だった。
シートベルトサインも消え、機内では
穏やかな時間が流れる中・・・
操縦席では、異変が起きていた。
そして、ガスが発生する微かな音が聞こえた
と思った時、機内は地獄と化した。
優香の眼に入る範囲の人間が
自分で自分の肉体を肉の塊と化すまで
破壊し始めたのだ。
異常な状態に気を失った優香が
目覚めた時、飛行機は場所もわからない
湖に不時着していたが、生存していたのは
わずか5人だけだった。

乾ルカさんの作品だったので
楽しみにして読んだのですが
ちょっと期待はずれな感じでした。
面白かったのですが、ストーリーの
結末がなんとなくわかってしまうというか・・。

ちょっと残念な作品でした。
評価:
乾 ルカ
KADOKAWA/角川書店
¥ 1,728
(2014-10-01)


呪われた・・

葦原隆介 日吉忍 金城まどか
間野坂譲 小野寺秋穂

「帝都大学廃墟探索サークル・時旅ーときたび」

27年前に土砂崩れ事故で1名が亡くなっている
ラブホテル「ホテル・シャトープランシュ」
いわくつきの物件 取り壊しに関する薄気味悪い都市伝説
死体がごろごろ発見される森・・。
リーダーの葦原の声掛けの元集まった5人
そして敷地内に探検の為足を踏み入れた・・。
5人目の野間坂が足を踏み入れた瞬間 異変は起きた。

5人は 27年前にタイムスリップしてしまったのだ。

人間は、極限状態に陥った時
何を考えどう行動できるのか・・。

乾ルカさんの本は 最後までドキドキのしどうしです
だから最後まで 一気に読んでしまうのです。
けしてハッピーエンドでは終わらない乾ワールド

次回作が待ちどうしいです
評価:
乾 ルカ
文藝春秋
¥ 1,575
(2013-01-20)


悩み・・・

家賃 月13000円

間取り 2k

敷金 礼金なし

管理費なし

この格安物件・・・てふてふ荘

木造建築の古びた外観からは

想像もできないほど

中はきれいに掃除され

管理されていた・・。

安さに惹かれて

入居した住人達・・・

しかし・・・

なぜ、格安なのかを

一晩寝てみてわかる事になる。


人はそれぞれ悩みやコンプレックスがあり

日々葛藤になかで生きている物

てふてふ荘での出会いが

彼らを救ってくれる事になろうとは

思ってもいなかったろうと思います。

人間は、何か切っ掛けがあれば

きっと違う方向へ歩始められるのかも知れません。

評価:
乾 ルカ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,680
(2011-05-31)


あなたは・・・

 大学の学生部の職員悠木さんは
学生にバイトの紹介していた。
学生に差し出したバイトのファイルを
渡しながら・・

「あなたは 行くべきよ   
        断らないでね。」
と言うのだった。
そしてバイト先でその学生たちは
解決できずにいた悩みを克服して
戻ってくるのだ。

彼女が何者なのか
なぜ、このバイトが
この学生に合うとわかるのか・・

そして・・・

不思議は繰り返される・・。
評価:
乾 ルカ
東京創元社
---
(2010-02-24)


蟻が怖い

 山上一郎は ある山の中で
一匹の蟻をみつけた・・。

とても珍しい蟻で
その巣を見つけようと
熱心な昆虫学研究者の山上は
森の奥深くに迷い込んだ

そして・・・

瀧埜上村仮巣地区へ
たどり着いた。

一見普通のさびれた村
しかし・・その村には
秘密があった。

蜜姫さま・・と呼ばれる

姫を中心とした一族が
村を守っていたのだ・・。
・・・・・・・・・・・・・・・
代々受け継がれていく
蜜姫の力・・。
日本の現代にありながら
平安時代のような次元の違う世界
本当に 日本のどこかに
存在するのではないかと
錯覚するような感覚に陥った

怖かった・・。
評価:
乾 ルカ
角川春樹事務所
¥ 1,575
(2010-10-20)


輪廻転生

 北島涼子と浅倉祐美は・・
大学の同級生・・・そして親友である

初めて会った時・・

祐美は”彼女とは 長い付き合いになるだろう”
直感したし・・
涼子は”初めて祐美を見た時初対面って気がしなかった”
と思ったという・・。

そして・・今

涼子は心療内科・精神科医として開業し
祐美は卒業後 ふらりとアメリカへ留学し
アメリカの医師免許を取得して
アメリカ暮らしをしている。

そんなある時・・

涼子の心療内科に 娘が突然奇妙な動きをして
奇声を張り上げて困っているという
相談をしにある親子がやってきた。
涼子は 最初ジル・ドゥ・ラ・トゥレット症候群と
頭に浮かんだのだが、これまで何軒もの病院を
渡り歩いてきても症状が改善されないため
ここに来たという母親に 困惑してしまう。

同時期祐美は アメリカで絶対死なない
末期がんに侵された老人の死刑囚の
カウンセリングに向かっていた。
この死刑囚は 死刑が執行さても
死なず 看守の目を盗んで
自殺しようとしても 死なないという

その体は 死臭にまみれ蛆がわき
干からびたミイラのようになっていた

この遠く離れたところで二人の出逢った
人間たちが 実は奇妙なつながりを持って
生きていることに この時2人は気が付かなかった。

人間が犯してしまった罪
けして償い事は 出来ないのだと思う
どう謝ろうと 泣こうとけして消えないのだと思う

罪を犯した人間を私も 
けして許せないと思うから

この結末は なんか凄い
乾ルカさんの 作品は・・・
やっぱり おもしろいと思います
評価:
乾 ルカ
文藝春秋
¥ 1,600
(2009-04)


素直になれた時

 外崎美奈子と瀬戸美耶は
同級生で家も近い事から
仲良しだった・・。

ある夏の学校で

美耶の持っていたカッターで
美奈子がはずみで手を切る
という事があった・・。

責任を感じた美耶は

謝り両手で美奈子の手を
包み込んだ・・。

そして・・

手が熱いと感じた瞬間
美奈子の手の傷は消えていた

この美耶の能力が・・

親友の2人の間に
大きな溝を作ってしまうとは・・

心の中では許していても
素直になれないもう一つの心

大事に思っていても
ささいな気持ちの行き違いが
不仲になってしまう微妙な年頃

自分の事より相手を思いやる心を
持つには 自分も強くならないと
持てないと思います

相手に優しく出来る人が
本当の心が大きな人なんだと思いました












評価:
乾 ルカ
集英社
¥ 1,470
(2011-01-26)


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

おすすめ

アンケートモニター登録

ネコ温度計

お気に入り

お気に入り

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode